キャッシング即日:キャッシング審査通過のポイント

キャッシングは申し込みをすれば誰でも融資が受けられるシステムではありません。 先に審査を受け、それに通過した人でなければ融資してもらうことができないのです。

そのため、審査に受かるためのポイントを理解しておきましょう。

まず、第一のポイントとして挙げられるのが収入に関することです。 安定した収入がある人ならば審査に通る可能性が高いのですが、収入が不安定な人は落ちやすくなってしまいます。

まだ働き始めたばかりという人はある程度収入が安定してから審査に申し込んだほうがいいでしょう。 今月から働き始めたばかりという人の場合、高確率で審査には通りません。

次に、審査に通るか不安だからといって複数のキャッシング業者に審査を依頼するのはやめたほうがいいです。 各業者は情報を共有しているため、そのことは知られてしまいます。

そうすると、たくさんの業者に依頼をしている=お金に相当困っている人という扱いになってしまい、返済時の不安が残ることから審査に落ちやすくなってしまうのです。

審査に通るか不安があるという場合も、必ず一社だけに申し込みをするというのが通過のためのポイントだと言えるでしょう。

それから、キャッシングの審査というのはその人が信用できる人物かどうかをチェックするためのものでもあります。 申し込み内容に嘘があった場合にはそれが理由で審査に落ちてしまうこともあるので、正直に書きましょう。

例えば、本当は年収が150万円なのに200万円と書いたり、他からの借り入れがあるのにないと書いてしまった場合などに審査が不利になります。

嘘をついてよく見せたとしても審査をすればわかることなので、これはマイナスの印象を与えるだけです。

最後に、審査を申し込む業者についてですが、これは大手の業者を選択したほうがいいでしょう。

いくら審査が甘かったとしても相手がヤミ金ではあとから大きなトラブルに繋がってしまうこともあるので、信用できる業者に審査を依頼することが重要です。

無職はキャッシングができない?

キャッシング・カードローンを利用するためには、申込者に収入がなければなりません。 つまり、無職ではキャッシングできないということです。

専業主婦など自分に収入はないけれど配偶者に収入があるということであれば、銀行カードローンのほうを検討してみてはどうでしょうか。

銀行カードローンの中には専業主婦でも利用可能なものがあります。

ただ、銀行ではないキャッシング業者の宣伝で、「無職でも融資可能」といった内容を目にしたことがある人もいるかもしれません。

こういったものはヤミ金である可能性が高いため、絶対にやめておいたほうがいいです。 お金がない時にこういった業者に頼りたくなるのはわかりますが、リスクが非常に大きいと言えるでしょう。

これは、どのキャッシング業者でも「安定した収入がある」というのを融資条件にしているためです。 まともなキャッシング業者であれば、返済の見込みが高い人に対してしか融資をしてくれません。

無職でも融資してくれる業者というのは悪質な取り立てをする業者である可能性が状に高いのです。

そのうち仕事を辞めようと思っているという方は、今現在キャッシングをするほどお金に困っていなかったとしても申し込みを済ませておいたほうがいいかもしれませんね。

すぐに再就職をするとしても、就職したばかりではキャッシングの審査に通りにくくなってしまいます。

パートやアルバイトの方でも問題なく申し込みが可能なので、正社員として働いていなければキャッシングができないというわけではありません。

もちろんフリーターでも利用することができるので、安定した収入があれば雇用形態は問われないところがほとんどです。 どうしても無職の状態でお金を工面しなければならないということであれば、いくつかの方法があります。

クレジットカードを持っている場合はカードのキャッシング枠を利用したり、定期預金を担保にして銀行からお金を借りる方法などが一般的です。

いざという時のためにキャッシング枠付きのクレジットカードは一枚持っておきたいですね。

どこからキャッシングをすればいいのか悩んだら

キャッシングをしようと思ったら、銀行とノンバンクの違いについて理解しておきましょう。 銀行は想像しやすいのですが、ノンバンクと言われてもなんのことかわからない人も多いかもしれません。

ノンバンクとは、消費者金融や信販会社のこと。 こちらは総量規制の対象になりますが銀行は規制の対象外です。 お金を借りるという点は同じでもこういった違いがあることを理解しておきましょう。

他にもいくつか違う点や特徴があるのでご紹介します。

まず銀行についてですが、こちらはノンバンクに比べて金利が低いというのが魅力です。 ただ、その分審査が厳しくなっているので、銀行の審査に落ちてしまったという人でもノンバンクの審査ならば通るかもしれません。

また、銀行のキャッシングやローンは仕事をしていない専業主婦でも融資が受けられる場合があります。 ノンバンクは自身に収入がないと借り入れをすることができないので、ここは大きな違いだと言えるでしょう。

続いてノンバンクに関してですが、これは個人向けの少額融資を行っている業者のことで、スピード融資に対応しているのが特徴です。

銀行は審査に時間がかかってしまうので、すぐにでもお金が必要という人はノンバンクの融資を受けたほうがいいでしょう。

ただ、銀行とは違って総量規制の対象となるため、年収の1/3までしか借りることができません。 コンビニのATMでも気軽にお金が引き出せるということで非常に使い勝手がいいのですが、銀行よりも金利が高いということは理解しておいたほうがいいです。

こういった違いはあるものの、自分の場合はどちらが向いているかよく考えたうえで申し込みをしましょう。 専業主婦であればノンバンクが利用できないので銀行のキャッシングやカードローンを利用することになります。

銀行かノンバンクか迷っているということであれば、まずは金利が安い銀行から申し込みをしてみるといいですね。

また、必要な金額が大きい人もまずは銀行から借りておけば、その後ノンバンクから総量規制の影響を受けずに年収の1/3まで借りることができます。

このページの先頭へ